【英语导游词范文】日语导游词范文

发布时间:2018-10-01 来源:导游证 点击: 当前位置:聚智堂教育网 > 职业资格 > 导游证 > 【英语导游词范文】日语导游词范文 手机阅读

日语导游词怎么写?下面是一篇关于日语的导游词范文,希望对大家有帮助!

中国のシンボルである天安門は天安門広場の北端(ほくたん)に面して建てられ、明と清の両時代の宮城(きゅうじょう)の正門だったのです。この部分のみ残された宮城の外城壁(がいじょうへき)に5つのアーチ型の門があります。そのうち中央の門の入口上部には中国の初代主席、毛沢東の肖像画が掲げられています。さらに楼閣(ろうかく)の上部には国章(こくしょう)が飾られています。城楼(じょうろう)の上に登って見学することもできます。夜になると、ライトアップされ美しく見えます。特に国慶節などの祭りの日にはイルミネーションで飾られ、天安門独特の雰囲気が演出されます。

現在の天安門の位置は、元の時代の大都城(だいとのしろ)の麗正門(れいせいもん)の位置とほぼ一致しています。明代に北京城の正門を南に200メートルほど移し、永楽(えいらく)15年(1417年)、宮城の正門を大都城の麗正門の位置に置き、承天門(しょうてんもん)と名付けましたが、その後、明代末に焼失してしまいました。清の順治(じゅんち)8年(1651年)に改めて建築する際、現在のように拡大されたのです。またその名も「天安門」と改称され現在に至っています。

高さ12.3メートルの赤いレンガの城壁の上に、間口(まぐち)54.1メートル、奥行き27.1メートルの黄色い瑠璃瓦の屋根を持つ朱塗りの二階建ての宮殿建築様式の楼閣が建っています。総高は33.7メートルになります。明と清の両時代には皇帝の即位(そくい)や立后など、国の重大な出来事があった時には、この上から詔書(しょうしょ)を発布しました。また、1949年10月1日、毛主席は天安門で中華人民共和国の成立を厳かに宣言しました。

門は皇帝の公的な外出や帰還の際に開かれました。また、皇帝の父母と皇帝の輦車(れんしゃ)(皇帝の乗り物)入れの際と科挙(かきょ)(官吏登用試験)の最上位3名の退出の際だけ使われました。しかし、皇帝といえども喪服(もふく)での出入りは禁止され、棺桶(かんおけ)の部品すら通過させませんでした。門の前には金水河(きんすいが)と呼ばれる堀があり、漢白玉石(かんはくぎょくせき)製の橋が5つ架けられています。もちろん中央の橋は皇帝の専用通路です。

橋の袂には彫刻を施した漢白玉石のトーテムポールのような華表(かひょう)が1対と、2対の石の獅子が飾られています。この華表は明代の永楽年間の製造品で、上部に「犼(こう)」という伝説の中の動物が二匹置かれています。本来は1匹が門内を、もう一匹は門外を向いていました。それは、一方は皇帝が宮城に閉じこもってばかりいないで、庶民の暮らしを視察するように促すものに対して、もう一方は皇帝が外出している際早く帰ってくるよう促すものとされていました。が、今ではどちらも外を向いています。

城楼の上からは天安門広場が一望でき、その広大さと広場を囲む建造物の重量感に圧倒されます。天安門の城楼内は撮影禁止となっています。城楼のなかには天安門の城楼で手を振る毛沢東などを描いた大きな油絵が掛けてあります。

次は天安門広場のいくつかの建築物についてご紹介致します。

天安門広場(てんあんもんひろば)

天安門広場は北京市の中心に位置して、面積44万平方メートルもあります。世界でも最も広い広場の一つです。南北の長さが880メートルで、東西の幅は500メートル、100万人も収容できます。中国各地からの旅行者、外国人の観光客、散歩や凧上げを楽しむ北京っ子たちでいつもいっぱいです。新中国の成立が50周年を迎える式典のために1999年7月に大きな修築が行われ、緑地の部分が公園化されました。

広場が形成されたのは明代の永楽年間です。その当時は南北に長いT字形で、東と西の両側には朝廷の中央機関が建ち並んでいました。1949年、中華人民共和国の建国式典が行われ、やがて広場として整備されました。それから拡張された敷地の中央に人民英雄記念碑、東に革命博物館と歴史博物館、西に人民大会堂などの大建築物が建ち並びました。

では、その建築物を1つずつ紹介致します。

人民大会堂(じんみんだいかいどう)

天安門広場の西側にあるのは人民大会堂です。その南北の幅は336メートルあり、奥行きは260メートルで、高さは46.5メートルです。建坪(たてつぼ)は17万1千平方メートルで、体積は159万6千立方メートルです。1959年に建てられ、主に3つの部分からなっています。南側は接待ホールで、中央は1万人が同時に会議を開くことのできる大講堂で、北側は5000人収容できる宴会ホールになっています。

中国歴史博物館と中国革命博物館

(ちゅうごくれきしはくぶつかんとちゅうごくかくめいはくぶつかん)

広場の東側は中国歴史博物館と中国革命博物館です。その南北の幅は313メートル、奥行きは14.9メートルです。建坪が6万5千平方メートル余りで、人民大会堂と同じく1959年に落成されたものです。博物館は2つの部分に分かれています。その南側は中国歴史博物館です。そのなかに170万年前の北京猿人時代から1919年の「五四運動」に至るまでの文化財と歴史についての紹介、写真などが展示されています。北側は中国革命博物館で、1919年の「五四運動」から現在に至るまでの中国共産党史の展示になっています。

広場の南側は人民英雄記念碑と毛沢東主席の記念堂です。これについてお話し致します。

人民英雄記念碑(じんみんえいゆうきねんひ)

人民英雄記念碑は1952年8月1日に着工され、1958年7月1日に落成の除幕式が行われました。敷地面積は3千平方メートルで、高さが37.94メートル、南北の長さは61.54メートル、東西の幅は50.44メートルです。

記念碑の正面には毛主席の親筆で「人民英雄永垂不朽」(人民の英雄たちの名は永遠に不滅である)という題詞があり、裏側には周恩来総理の書いた「3年来人民解放戦争と人民革命に命を捧げた人民の英雄たちの名は永遠に不滅である!30年来人民解放戦争と人民革命に命を捧げた人民の英雄たちの名は永遠に不滅である!さらに1840年までさかのぼってその時以来、内外の敵と戦い、民族の独立と人民の自由、幸福を勝ち取るために幾多(いくた)の闘争の中で命を捧げた人民の英雄たちの名は永遠に不滅である!」という題詞が刻まれています。

記念碑の下の部分は8枚の漢白玉石のレリーフと2枚の飾りのレリーフが取り付けてあります。その一枚一枚のレリーフは高さが2メートル、10枚を合わせた長さは40メートルほどです。170人あまりの人物が浮き彫りされており、百年来の天地を覆す(くつがえす)革命の歴史を概括して表わしています。それらのレリーフの内容はそれぞれ次のようなものです。

1. 阿片を焼き尽くす場面

阿片戦争(1840年―1842年)はイギリスが中国を開国させた戦争です。このレリーフに描かれているのは阿片戦争の前期、1839年6月3日、虎門(こもん)で没収したイギリス商人の阿片を焼き尽くす場面です。

2. 金田村(きんでんそん)の蜂起(太平天国)

太平天国運動は洪秀全を始めとした清代の封建統治に反対する農民一揆です。このレリーフに描かれているのは、1851年1月11日に広西省桂平県の金田村で太平軍が清の兵士と戦っている場面です。

3. 武昌蜂起(辛亥革命)

辛亥革命は孫文をリーダーとした封建の帝王制に反対する革命です。その結果中国で二千年も続いていた封建帝王専制が倒れました。レリーフに描かれているのは1911年10月10日清の軍隊と戦っている場面です。

4. 五四運動(1919年)

五四運動は中国人民が帝国主義と封建主義に反対する革命運動です。このレリーフは1919年5月4日、数千人もの学生が天安門の前で日本の対華二十一箇条要求に抗議する場面を再現しています。

5.「五卅」運動

1925年5月30日に行われていた上海での帝国主義反対運動です。

6. 南昌蜂起

1927年第一次国内革命戦争の失敗後、中国共産党が三万余りの北伐軍を率いて江西省の南昌で蜂起した場面です。

7. 8年間にわたった抗日戦争(1937年―1945年)

抗日戦争は日本帝国主義の侵略に抵抗し反撃するための民族革命戦争です。八路軍、新四軍は遊撃戦(ゲリラ戦)を主な手段としていました。このレリーフはその状況を映しています。

8. 長江を渡る場面

三大戦役のあと、国民党政府は長江を天然の塹壕(ざんごう)とし、人民解放軍の進攻をとどめようとしていましたが、百万の解放軍は勢いに乗じてたちまちのうちに長江を渡ってしまいました。このレリーフはその長江を渡る場面を描いています。

毛主席記念堂(もうしゅせききねんどう)

毛主席記念堂は天安門広場の南端、人民英雄記念碑と古代建築物の「正陽門」の間の広場に聳えたっています。その高さは33.6メートル、奥行きと幅はともに105.6メートル、建坪は1113平方メートルあります。記念堂の幅30メートルの緑地帯には青々と茂った松柏(しょうはく)などが並んでいます。秋になるとさんざしが真っ赤な実をつけ、北京の菊、新疆のセツレン、雲南の椿(つばき)、四川のツツジ、台湾の緋色(ひいろ)の桜など1万3千株の樹木(じゅもく)と花々が咲き競い、毛主席に捧げられた天然の花輪(はなわ)のようでもあります。

国旗掲揚台(こっきけいようだい)

広場の北側には国旗掲揚台(けいようだい)があり、中国の国旗五星紅旗(ごせいこうき)が風に翻り、常時二人の守衛兵が見張り台に微動だにせず立っています。中国第一の国旗の掲揚、降納式の参観に人気が出てきて、多くの人々がここに集まるようになりました。掲揚台の横には2台の電光掲示板が据え付けられ、見学者に向けて常時その日の降納時間(降旗時間)と翌日の掲揚時間(開旗時間)の案内をしています。それによると日の出とともに旗

を揚げ、日没とともに降ろしているようです。

天安門の東側は太廟(たいびょう)と呼ばれ、昔皇帝が祖先を祀る所でしたが、今は労働人民文化宮になりました。天安門の西側にあるのは昔は「社稷壇」(しゃしょくだん)といい、皇帝が五穀の豊作を祈る所でしたが、今は中山公園になっています。

これから万里の長城へ向かいますが、ご存知のように、長城は険しい山に造られたものですから、楽に登るにはズボンに運動靴というのが良いでしょう。準備できましたでしょうか。

それでは、観光バスに乗りましょう。

今日ご案内するのは、万里の長城の「八達嶺(はったつれい)」です。

さて、八達嶺へ行くには、10年ぐらい前は北京市内から八達嶺長城まで車で約2時間かかりましたが、今は高速道路が出来たおかげで、わずか一時間で着くようになりました。因みにこの高速道路は1994年~2001年にかけて作られたもので、全長75キロもあります。上下それぞれ三車線(さんしゃせん)または二車線で、時速制限は60キロから100キロまでとなっています。同時にこの高速道路は国道110号線の一部分でもあります。これから、この高速道路を走る時間を利用して、万里の長城に関するお話をしますので、どうぞ外の景色をご覧になりながら、お聞き下さいませ。

推荐访问:上海日语导游词

导游证推荐文章

导游证热门文章

导游证扩展文章